スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖物語⑥/ベイト喰いはミノーかでかいツノだ

2007年6月9日

いよいよ6月に入ってビワマス本格シーズン突入との期待に胸膨らむ。今までの実績からしても、このころから活性が高まり、トローリングでの水揚げが期待できるのだ。

ただ活性が上がるのはビワマスだけではない。大敵ウグイもスィッチオンなのだ。釣師郎は実はあまりウグイには好かれていないみたいで、朝一の3本だけで逃げ切れたが、hayasiさんたちは正にヒッチコックの「鳥」のごとくダース単位で襲撃されたそうだ。後で上がってからその数聞いてビックリしたよ。

この悩ましい隣人のウグイのヒットは、知らない人もいると思うが、グンと一発入ってはっと思うとそれっきりふにゃっと戻って弱々しい挙動が・・・そして竿を持った瞬間にこのやる気の無さ。 れてしまえばヒットの瞬間に分かるけど、初めて琵琶湖で曳いた時はそりゃウグイのヒットのたびにときめいたものよ。

しかし揚ってくるのはでかいといえどもウ・グ・イ。まともなサイズのビワマスのヒットは、同じグンと入ってもベリーあたりまで曲げられて戻らずに、そこでぐわんぐわん振るわせてくれる。活きの良い50オーバークラスだと、ロッドホルダーから竿を抜くのに一苦労するぐらい引き込まれてしまう。

仕掛けを10色セットするたんびにウグイの入れ喰いに襲われたら、そりゃビワマス釣りになりませんわな。たぶん思うに、このウグイ釣りの秘訣は、水深がまだ浅い(50メートル級でもヒットしてくる)、曳くスピードが遅い、ルアーが赤系てのだと思う。よくウグイ避けにでかいルアーを使えば良いとか聞くが、でかくても来ます、琵琶湖のウグイは。揚ってくるとどっちがビックミノーだか遠目で分からないときがある。

それともうひとつ、関東トローラーに聞きなれないケタバスていう魚。最初にケタバスといわれたときは、ブラックバス釣りのメッカ琵琶湖の地元バザーの俗語かなんかと思った。またハスとケタバスは違う魚なのかと思っていたが、どうやら同じようで、琵琶湖あたりではハスをケタバスというそうだ。

これはウグイよりちょい上の層に居るそうな。図鑑で調べると、コイ科の魚で美味とあるがもっとも遊泳力に優れており、コイ科には珍しい魚食性と書かれてあった。食べたことが無いので昼にROSCOさんに食べたいと行ったら、しっかり漁師さんは釣ってきました。関東人の釣師朗には見た感じオイカワだね。地元漁師はエラ蓋に指を突っ込んで上手にワタをくるくると抜き取り、身の太いところに包丁でずばっと切れ目を入れて塩焼きにする。この切れ目付近の身が焼きあがると、ぷくっと膨れて食べやすくなる。

宿の女将さんに言わせると、雄バス(オバス)と雌バス(メバス)の区別がちゃんとあって、オバスの方が身がしっかりして美味しいとか。酢をかけて食べたりもするそうだ。で食べてみたが、個人的な感想として、味の濃い川魚て感じだった。ビミョー? 魚探に小さなへの字が重なるように、柱のように出てきたら要注意だ。ちんたら曳いていると、ウグイが両舷ヒィィィィィットだ。

天気は良くない。大気の状態が不安定で突然の豪雨・雷・突風に注意だと。未明に桟橋に付いた時点でしっかり雨が降っていた。いやだぁと思いながらも漁師カッパを着込んで出漁の支度を始めた。様々な雨具を釣りやキャンプ、ツーリングで使ったが、この椅子に座ってまず動かない釣りは、やっぱ漁師カッパ(業務用)が一番コストパフォーマンスが良いと思う。まぁ勿論お高い最高級グレードのゴアテックスでも良いが。

水温は19.7度。出港したら雨は殆どやんでしまった。夕方まで雨との天気予報は外れてしまったようだ。ただ天気予報通り殆ど無風のベタ凪だった。これには気を良くした。雨は我慢できるが強風とか雷では釣りにならないからだ。

直前の情報だと定番ポイント(この場合は島周り)が不振で、東岸(対岸)のポイントまで行かないとダメみたいとか言われて、燃料が足りんのかと心配していたが、ベイトと供にビワマスの群れがこちら側に入ってきたのか、ぽつらぽつら回復している緊急情報が現場に入ってきた。そんなんで結局定番ポイントを流することとなった。

でこの朝一がウグイの猛攻だったわけよ。前回の辛い思い出が甦り一時はどうなるかと思った。しかしあのときは魚探に一点の反応も無い死の世界であったが、今回は10から15メートルにかけてベイトの群れがよく出ていた。

得意の竹生島・葛篭尾間のポイントは敢えて見送って、竹生島西側のちょい沖から丁寧に並行に流す。ここから海津大崎のチョー沖(4キロぐらい)の、口じゃ説明できないただっ広い所までヒットを連発する。いつもほどラインは出す必要なかった。そんなことよりも今ビワマスがしきりに食べているのは、間違いなくベイトだね。今回の釣行の釣り方パターンを一言でいえば、今ベイト喰ってる! これだろね。

稚鮎をすくう漁船が岸寄りに入っていた。釣り上げたビワマスの口や胃から、半消化の7センチくらいベイトがたくさん出てきていた。多分ワカサギか稚鮎だと思う。そしてヨコエビやスジエビは一匹もいなかった。もう本当にベイトだけを偏喰いしているとしかいえない。

魚探に出るベイトの群れは、水深10から15メートルにかけてのぐちゃぐちゃとした塊であった。この水深域も終日変わらずである。朝方ウグイの猛攻を受けるが、この魚探の反応パターンは、小さなへの字が重なって電信柱の如く細く縦に長く現れる。これがディスプレイに現れだしたら注意だ。

確実に釣れるのが5センチから6センチのサイズ。形を出そうとしたら7センチから8センチの大きいサイズが欲しい。逆に3センチサイズだと、ヨコエビを食べている時期ではないのか、目の前にもっと大きなベイトが泳いでいるのを、そんな小さい餌なんか追いかけても意味がないでバイトしてこないのか、ヒット数が極端に少なかった。お呼びじゃないてことか。しかもたまに釣れてウグイだった。

ただルアーは貝とツノの両舷曳きで曇天の朝方流したが、ツノは殆ど反応なく貝の方がぜんぜん良かった。特にアワビよりも夜光貝であった。前回も夜光貝が良かったが、今回も夜光貝の方がずっと良かった。アワビより夜光の方が、今の湖水の質にでも合っているのかもしれない。

ツノは総じてあまり良くなかったが、ROSCOさんから強奪した魔法のシートを貼ってあるツノは、安定したヒット率であった。これを貼ってあるとビワマスから見て、夜光扱いになるのかね。釣具屋なんかに売っている細かい格子状の貝シールなんかじゃなくて、たぶんこれ螺鈿細工用の高品質の夜光貝スライスだと思う。しかしこんな上物どこから手に入れてくんだろう。

ミノーで釣りたい人は今がチャンスじゃないのかな。ジョイントラパラとかリップレスミノー90とかを、試しで曳いてみたら結構釣れたよ。他にトロペン70でも釣れたとか言っていた。それを言っちゃぁお終ぇよかもしれないが、サイズが合っていれば何でもいいのかも。

多少泳ぎが悪いミノーでも、ハリスを短めにドジャーに結べばドジャーが強制的に振り付けしてくれる。ドジャーも黎明期のしばらくは効いていたが、一時ドジャーは飽きられたとか言われた。しかし結局琵琶湖の鉄板仕掛けに落ち着いた。

自作含めてミノーで釣りたいて拘りトローラーは、今がやりたい放題だね。でもサイズが合ってないと無理だろう。サイズて長さだけじゃくて、幅もサイズの内だからね。8センチの夜光貝で釣れたよて言われたら、幅は?て訊き返すぐらいの釣才が欲しいもんだね。ここのビワマスて魚はグルメだから、あれもこれも口に放り込んだりしないようだ。長さ、幅、色、透明度、輝き、動き、速さ…これぐらいはできれば抑えておきたい。

琵琶湖は餌の豊富な湖なので食べる物が季節によって明確に変わっていくようだ。そのうちスジエビ・ヨコエビを吸い出したら、ミノーじゃ厳しいだろう。この辺の食の理屈が分かっていないと、前回ミノーで爆釣したから今回もミノーで・・・なんて単純なこと考えると、玉砕するかも。

去年のあるときミノーを曳いたけどかすりもしないときがあって、違うタイプのルアーに換えたらボコンボコンと来るのは、やはり喰っているエサの違いでしょう。ただし胃の中のモノを見ても、見誤る高度な騙しの時があるから注意。 大小混じっているときは、自分が曳くタナにどっちがいるかでルアーチョイスするのがキモだ。

マッチ・ザ・エサ 今何を喰っている、そのサイズは??

食い物が豊富な琵琶湖で喰えないルアーでバイトさせるのは、ビワマスにリアクションバイトてのがあるかは知らないが、やはり食っているモノに似せるのがまずは基本じゃないかと思う。その筆頭要素がサイズだ。

竹生島西側2キロ辺りで水深10から15メートルにかかるベイトの群れを発見したROSCOさんは、ちょい上狙いで9メートルのダウンリガーをしてみたら、立て続けに5本を揚げたそうな。浅いタナのダウンリガーは手返しが滅法早く効率が良いのだ。ヒメトロみたいなもんだ。遊泳層よりちょい上に仕掛けを流すのが定石。上に上がってバイトするビワマスは活性が高いのと、バイトして定位置に戻るため竿先に明確にアタリが出やすい利点がある。遊泳層とバイトの水深が一緒だと上下の動きが殆どないため、竿先にアタリが出にくい。最悪気がつかず放置プレイで釣りをしていない状態が続くことになりかねない。

まさやんがいつもの葛籠尾通り道の大浦寄りで60オーバーをヒットした。 彼はこの後にももっと凄いヒットと遭遇しているが、たまたま釣師郎がこの最大とのファイト&バラしを目撃してしまった。大浦寄りというよりも竹生島の北西沖に近いエリアである。

bw 007

62センチ 2.5キロの大物を仕留めたまさやん

さて今回はここだけが天気予報が当ったね、12時に強雨てのが。天気は出船のときから雨が上がっていて途中晴れ間も出て暑かったのだが、天気は油断しちゃダメだね。晴れ間も出て暑くなってきたのでカッパ脱いでTシャツでいたら、今度は何か寒くなって来て、よくよく感じてみると空気がちょっと湿っぽいく感じて、質が変わったと思った。で東の対岸を双眼鏡で天候観測してみると、だんだん暗い雲がかぶってきて見えなくなりだした。

なんかもの凄く遠くでゴロ・ゴロっとかすかに聞こえる。そのうち東の暗い雲の中に一条の光が走ったのがちらりと見えた 釣師郎の頭の上は晴れているんだけどね。ROSCOさんが遠洋漁業の途中から、一早くこの空気の変化を感じて桟橋に帰港を開始し始めた。 ここが素人とベテランの違いだね。「まだはもう」が琵琶湖戦陣訓。

まだ大丈夫と思うは、もうかなりヤバイて心せよ。 釣師郎も今は地合ではなく釣れそうも無いので、じゃ俺もと撤収作業開始した途端、パラパラと雨粒が落ちてきた。

琵琶湖は関東の小湖とは異なりとにかくでかいので、天候判断の見切りは早め早めにしないと逃げ切れない場合がある。全速でも30分では桟橋に帰れないこともある。特に荒れだして波が立ちだすと全速では走れないから、ますます帰る時間が長くなってしまうのだ。

ナイスタイミングで見切った釣師郎は、本降り前には宿の畳の居間で、ビールを飲みながらくつろいでいた。天気予報は未明からずっと弱い雨であり、12時ごろに強い雨とあったが、未明の雨だけで後は雨は上がってしまい、予報もあてにならんのぉとか思っていたが、この12時の強い雨だけはどんぴしゃりだった。

雨が上がってから夕方に出陣した。雨の影響なのか時刻の問題なのかは分からないが、タナが少し上がってきている感じだった。夕方からフラッシャー&魔法のシート貼りのツノでまたぱらぱら釣れだした。フラッシャーとのハリスの長さ設定は散々苦労しただけあって、今の長さでジャストミートの感じだ。

朝一のスカなときは一時はどうなるかと悪夢が甦ったが、結局それなりに水揚げできちゃったて感じ。 ただ今回みんなと同じポイントであり同じような仕掛け・ルアーであったのに、何かみんなと比べて自分の釣れるサイズが小さい気がした。推測だがドジャーとのハリスの長さが釣師郎よりもずっと長いのに気が付いた。

もしかしたらビワマスは、特に大きいビワマスは激しい捕食行動が苦手なのかもしれない。ニジマスよりもレイクとかブラウンに近く、海外のドジャー取扱説明書を読むと2から2.5倍までが基本形の中で、レイクトかブラウンのように臆病で神経質な魚は、3倍以上と長くする旨が書かれていた。次回は従来の長さと、0/0ドジャーで50センチの仕掛けの両方同時流しで釣果比較してみよう。

それとさ、日本では傾奇者のフラッシャーを琵琶湖で積極的に使用してみたところの印象は、活性が高い時あるいはスレていない時はフラッシャーの威力は抜群で、横で曳いているドジャーの2倍の釣果が出ることもあった。ただこれもフラッシャーとルアーの距離、つまりハリスの長さがキモ中のキモだと思う。

当たり前の話、これで決まりの普遍の長さてのはない。A社のXとかB社のYとか、フラッシャーによって回転半径や回転速度が全く違うため、またそこがアクが強い傾奇者の所以であるが、それぞれに適切に合わせたハリスの長さを見つけ出す必要がある。

適切て? 回る回るがフラッシャー、ヒメペラの如く回らぬがルアー。ルアーは定位置にステイ。フラッシャーは大らかにゆっくりグルングルンと回転する速さで曳く。グルグルグはダメ。速過ぎる。

それと念のため言っておくが、ドジャーは回さないからね。つまり回る速さで曳いたらダメよ。でもね、ドジャーも凝りだすと気づくんだけど、高速でも曳けるドジャーがあるんだよね。研究してみて。あとそうそうそのときは最初のちゃちいスイベルは、ボールベアリング・スイベルに換装しておくんだよ。

琵琶湖はドジャーでないと釣れないとか迷信を聞くが、関東トローラーはもともと「素曳き(すびき)こそが武士の誉れ」とか変な矜持あったんで、さんざん仲間内で曳き比べしたが、結果、素曳きでも十分釣れるが、より多くビワマスとコンタクトしたいとか、安定した釣果が欲しいとか言うと、ドジャー有りが有利てことなった。で釣師朗はヘタレだしもともと傾奇者なんで、安定のドジャーか状況見てフラッシャーだな。

ミノーは素曳きでやる。素曳きで釣れない様なリアル・ハンドメイド・ミノーは、スマホのストラップかキーホルダーにした方がよいかも。漁具としての性能が低すぎ。ただしドジャーで強制的に振り付けする裏技もある。このときはハリス短めだ。

ルアーが魚を釣るんでなく、ラインシステム等の仕掛けのトータルバランスが釣る。これがこのレイクトローリングの極意だと思う。

でないとA社の何とかで釣れたとか、B社の何とかでないと釣れないとか・・・で、釣具店の思惑に乗らされて散財して、この劇的な不景気の中、凝り性の釣師に多い慢性貧乏症をさらに悪化させてしまうのである。

bw 0061

近所の漁師も、これはでかいわて驚いていた大物だ。


6月10日

翌日、朝飯を食べてからいつもの通りだらだらと支度して出船。別の泊り客はとっくに出船していた。 みんなと朝食時に、パターンは昨日と変わっていないだろうて至極まともな話になったら、昨日といったら朝一はウグイのパターンしか知らねぇ~で笑ってしまった。

しゃぁないので夕方のパターンで流したら、サイズこそは出なかったが直ぐにぱらぱら釣れた。 ただ10時を過ぎたらアタリが遠のき、やたらでかい10から15メートルに出るぐちゃぐちゃとした塊をよく見るも、これはワカサギか?

岸寄りを稚鮎すくい船が漁をしていたが、てことは稚鮎がすくえる程に群れていることだが、hayasiさんが水面直下に漂う稚鮎の群れを発見し突入したら、水面直下から10メートルぐらいまでの塊が魚探にぼこっと出たそうだ。 ここで巻き網なんかやったら軽トラ一杯分の稚鮎が獲れただろうにね。

でこの時間なったらもうカスリもしなくなり、明日は出張で早いので、早上がりとした。



2007年、琵琶湖ももう大分有名になりました。いくつかのボート屋も「ビワマスのトローリング始めました」と商売を開始しましたし、個人のホームページやブログでも釣行記を公開し始めました。

なんで一人で伏せていてももう意味が無いと思ったので、逆に勘違いされない程度に書こうと思いました。

まだ開拓されたばかりの釣り場なのでルールが無いみたいな状態ですが、無いてことは各人が常識と釣師としての倫理が求められています。

さもなくば最悪将来ここで釣りをすることが、取り上げられてしまうかもしれません。或いは釣り人自身で釣り場を破壊し、自滅してしまうことになるかもしれません。

せめてそうならないためには、以下のことぐらいは少なくとも釣師郎は守るべきだと思っています。

(個人的には遊漁のレギュレーションと入漁料支払いが決まればいいかと思っていますが、利害関係者が多すぎてそう簡単にはまとまんないだろうなぁとも思っています。)


無益な殺生をしない
25センチ以下リリースの規則はありますが、匹数制限は無いです。 運が良いとトロ箱ン箱くらい簡単に釣れてしまうこともあります。 でもリミットが無いからといって、釣れた物は全部持って帰える恥知らずでは困ります。 だいたい滋賀県が資源確保に税金で放流事業をしているのに、他県者が入漁料も払わずに無制限に捕獲できる現法に自制を感じるセンスが必要と思います。 紙(規則集)に書いていないから何やってもいいんだぁ!と、なんとかドアとか○○ファンドみたいな厚顔無恥を晒しをしてはいけません。 40センチ以下はリリースとか、10本までとか、自分の家族が食べる本数だけとかの、自分流の掟を作るべきでしょう。 そして食べないものは、全部リリースしましょう。 それが釣師(武士)の一分てものです。 最近この釣法でビワマスを獲る漁師も増え始めているそうですが、そのプロを尻目に素人が何も考えずにボコスカ彼らより多く釣り上げたら、資源保護云々よりも、商売の邪魔、気に入らんからあいつら追い出せと、反感を買っては元も子もありません。

禁漁期(10月11月)を守る
ビワマスが産卵のため遡上するこの時期は、禁漁とする規則があります。 遡上だから河川だけか?と都合よく解釈する人が居るかもしれませんが、湖も禁漁、ご法度です。 そもそも密漁は犯罪行為なので警察に見つかると現行犯で逮捕されます。 北海道のサケ密漁と同じですね。 古来から漁の永続は「余して獲る」が絶対です。 ビマワス様に生んで頂けるから、私たちは釣りができるのです。 映画「プレデター2」のエイリアンですら、妊娠している(人間の)女性の狩猟を見送っています。残虐なエイリアンですら抱卵しているターゲットを殺さずに保護しているわけです。 殺してしまったらその分、子孫が減るので、自分が将来狩りする個体数(お楽しみ)が減ってしまうからですね。 それくらい産卵期は保護するべきなのです。


事故を起こさない
芦ノ湖みたいに遊釣時間が決められていません。 日の出前でも日没後でも深夜でも釣りは可能ですが、危険だから止めましょう。 そんな時間に危険を冒して抜け駆けしなくても、日中でも十分釣れますから。 下手に事故など起こして大きな問題になると、日本的行政判断はとにかく「禁止」です。 公園の遊具でちょっと子供が怪我すると直ぐに遊具が総撤去になるように、役所は責任取りたくないので、釣り人が無理して死んだら、じゃぁアマチュアは釣り禁止ね!もありえるかもしれません。 回転ドアで子供が挟まれて死亡したら、日本全国の回転ドアが撤去されるお国柄ですから。 それに事故を起こすと、生死にかかわらず地元にご迷惑をかけます。


地元とトラブルを起こさない
琵琶湖を生活の場、仕事場としている人がたくさん居ます。 そういう人たち、つまり漁師や観光船のお仕事を邪魔するような釣り方をしてはいけません。特に琵琶湖は他の湖と異なり、あっちこっちに刺し網や籠、エリが入っていますから、それら漁具を引っ掛けたり作業の邪魔にならないように、十分に距離をとって注意して曳かなくてはなりません。 ただっ広いのでブイ際なんかちまちま攻めなくても釣れます。 数年前にアオリイカのエギングが流行ったときに、房総半島にもそのエギンガーてのが押し寄せてきました。 有望な港がありましたが、一部のバカモノが漁師の漁具を壊したり引き上げて放置したりしたもんだから、港湾内エギング全面禁止となってしまいました。 バカモノたちはじゃ隣の港でエギればいいやで反省なんてしていないと思いますが、ビワマスはこの琵琶湖以外では釣れません! 琵琶湖から追い出されると、その類を釣るには中禅寺湖のホンマスですが、あの地獄の中禅寺で、50オーバー、60オーバーを貴方はコンスタントに釣れますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

choshiro

Author:choshiro
釣師朗 (ちょうしろう)
マス類の70オーバー(管釣は除く)はないけれど、60オーバーは数本揚げている程度の自称”大物レイトロ師” 写真の獲物は琵琶湖のビワマス。しかしその実態は小物得意のヒメトロ師だ。
家計の足しに東京湾にも出漁するが、アジ・サバ・キスと典型的な東京湾サンデー小物師。銀山・中禅寺は苦手。芦ノ湖、琵琶湖は好き。ルアーの宗派は天然貝教清貧派の模範的な信者。ビックミノーやバブリーな釣り道具は使わない、いや買えない。
千葉県にあっても”東京”ディズニーランドのある浦安市在住。年齢は平均寿命の半分をとっくに過ぎたねて感じ。大病もしたし後何回釣り出来るかなて思う今日この頃てか。

カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
7163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
846位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。