スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖物語⑦/GPSで正確に曳け

2007年9月23日6時前に薄曇り無風の中出船。水温27℃で透明度は7.3メートル。

竹生島前の西側沖から海津大崎の遥か沖5キロへ出て、大崎に向かって岸寄りで右にターンして並行曳きするコースを計画。

事前情報だと葛篭尾から竹生島にかけての定番ポイントは最近芳しくないとのこと。海津大崎沖は調子良いが、数は出るも型が小さいとのこと。総じて大物は余り出ていないのが最近の傾向らしい。

僚船2隻は海津大崎沖に展開。魚探の反応がよく18から25メートルに良い反応が出ているとのことで期待されたが、すぐに「感はあるんだけど、ぜんぜんバイトしてこない」の無線交信を聞き、ずっとその沖である竹生島の西側ポイントから流し始めることを決めなおした。

射光で曇りの天候と、クロレラが発生しており水が濁っているとのことで、濁りに強いアワビ6センチと、ヨコエビを喰っている可能性を考えて夜光貝貼り牛ツノ3センチを、それぞれ0サイズ(草履サイズ)と0/0サイズの銀箔貼りドジャーをかまして、12色と10色で竹生島の手前東から西へ流し始めた。濁りのアワビ、霧の夜光…霧の方は語呂合わせかな。

セットした瞬間に12色がヒット。30センチ弱のビワマスをゲット。ウグイでなく幸先良い。即リリースだな。

すぐに仕掛けを再投入して、竹生島の西側沖ポイントを抜けて3、400メートルぐらいのところで、7時ごろアワビに大きなヒット。ロッドホルダーから竿がなかなか抜けずやっと手にすると、明らかにズンと重い手応えを感じる。何度も引き込まれながら、Giiiiiiiiii, Giiiiiiii 10分以上掛ってやっと揚がってきたのが、61センチのオスの大物だった。速度は3.1キロだった。琵琶湖で50オーバーは何本も揚げていたが、流石に60超えはこれが初めての一本だった。ここまで長かったね、感無量だよ。

bw09231.jpg

bw095.jpg

でフックが噛み潰されてこんなになってしまった。琵琶湖ではちゃちい鈎はダメよ、ルアー用なんて。伊勢尼、丸海津、真鯛王…琵琶湖て沖釣りてか!?

その後海津大崎超沖ポイントに向かう途中でヒットを重ねるが、35センチから40センチの小ぶりが多く、 中には姫鱒サイズまで混ざる。3センチ牛ツノには反応無いことと、揚げた魚からヨコエビが全く出てこないことから、琵琶湖では実績の夜光貝にサイズを6センチに上げてチャレンジ。

不思議なことに0/0タックルにはヒットの一回もない。0サイズからさっきのアワビを0/0に換装させて様子 を見るも、ヒットするのは0サイズのみであった。色数に2色の差があることからタナの差かとも思ったが、どうやらそうではなく、アピール度の高い派手な方にヒットするようだ。小さい方はティーザーみたいになっているのであろう。関東の湖で0サイズのドジャーを曳いていたら、たぶん狂人、アメリカ帰り?とか思われる巨大サイズだ。

念願の60オーバーを獲ったこととこまいのばっかりが釣れることより、ルアーサイズをぐっと大きくしてみる。濁りと曇りであることから、夜光貝貼りのドールシープ8センチを0サイズに結ぶ。濁りの入っている15メートル前後を曳くことを考えると、ドールの様なくっきり白系のルアーが効果的だと思う。

するとこのタックルのみに時間に関係なく当たりだす。作戦成功。ただ強いて言えば、海津大崎のちょい沖ポイントは群れが回ってきていないのか、群れと遭遇せず当たりが遠のいた。よく釣れたのは開始早々から9時てまでで10時過ぎると暇になった。

この時間を過ぎたことから曇りが晴れだし、日差しも少し強くなった。そこでアワビをやめて透光性のある牛ツノに変えてやっと、鳴かず飛ばずの0/0側にヒットしだすもこまい。タナを下げるために13色と11色にしていた。

11時半に一旦沖上がりで宿に戻る。

かるく仮眠して2時過ぎから今度はダウンリガー一本でもう一度、今朝の竹生島の西側沖から海津大崎の超沖のポイントへ流す。僚船は午前中大崎沖で流すも芳しくなく、大浦のはるか沖に展開して観測塔近くまで流して数を伸ばしていた。

50オーバーも混ざっていたが、ダウンリガーの25メートルから30メートルで良型が揚がり、レッドコアだとタナに届かないのか小物が多かったとの情報だった。

今回初めて試すダウンリガー仕掛けは二階建てラインシステム。キャノンボールからフラッシャーを6メートルに結び、3メートル上に10メートルの素曳きをリリーサーに介する。

やる前はフラッシャーが上のラインに絡んで釣りにならないかと心配していたが、意外にフラッシャーは半径3メートルも回転するわけではなく1メートルぐらいであり問題なし。それよも仕掛け投入時にふらつかない操船技術の方がずっと肝心だ。

午後は波風が出だして強く、もまれてやり取りに苦労はしたけれど、ライントラブルは一回もなく回せた。

夕暮れの4時過ぎに大崎沖で粘るも、今ひとつで水揚げはそんなに増やすことができなかった。だいたいリリーサーから外れないクラスが数本揚がっただけであり、重たいキャノンボールの上げ下げに閉口してしまう。

昼前にベタ凪の水面でベイトが喰い揚げられていたが、どうやら稚鮎のようらしい。ヨコエビはついに見なかった。

4時半に沖上がり。夜は緑川飲んで反省会。

僚船の本日総括としては、大浦からまっすぐどんと真南に進んで水深85メートルまで出て、等深線に沿って逆U字型に回るコース。東に進むコースがなんとなく観測塔に向かっていく感じ。このコースが最も安定した水揚げがあったそうだ。しかし何にもない遥か沖なのでGPSで正確に曳かないと、この爆釣ゴールデンコースから簡単に外れてしまう。

9センチぐらいの稚鮎を喰っているので大きめの、つまりこのサイズクラスのルアーが良かった。またなまじ小さいルアーを使うと小物の猛攻があって、小物除けにもでかいルアーを使ったほうが良いようだ 。

本日の水揚げ量はキープサイズクラスだけでも一人13キロぐらいであり、自分が多分10キロ弱ではないかと思う。10キロ以下は不漁?それにして他の湖では考えられない釣果だ。リリース分まで含めると、トロ箱持ってきてくれ!だ。琵琶湖だけは本数を数えていない。途中で面倒くさくなるからだ。


9月24日

翌日は6時過ぎから操業開始。無風で昨日より陽が強めの薄曇。ただ途中で大粒の雨がぱらつく変な天気でもあった。昨日のダウンリガーの上げ下げの運動で、ダウンリガーは端からやる気なし。

昨日ヒットのドールシープと夜光貝、後に緑のツインブレードを使う。流すのは竹生島の北西ポイント(水深70m)から大崎遥か沖(85m)へ、そこから知内沖(80m)で東側に等深線に沿って逆Uの字コースをとる。

ある特定の等深線に沿って曳くのは、琵琶湖では定石だと思う。鯉みたいに湖底に這って回遊しているわけじゃないので、中層を回遊するビワマスにとって、水深70メートルも80メートルも関係ないと言われるかもしれないが、80メートルに沿って流すとぽろぽろヒットするが、そのラインを外れて例えば70メートルに入るとパタリと釣れない経験が少なくない。

勝手な想像だが、ビワマスて上方レーダーと下方レーダーが装備されていて、適切な水面までの距離と湖底までの距離のバランスを維持するようにプログラムされていんじゃないかな。

等深線に沿って正確に曳くテクニックには、GPS付き魚探、できれば湖沼図入りが必須の道具となる。職人芸の勘頼りでは相当に難しいだろう。またGPSは命綱だから、一番最初に揃える道具だと思う。

0/0にぜんぜんヒットしないので途中で上げて使わないで、0一本のみで曳くとなんとなくヒット数が減る感じ。

なのでちょっと負荷がありすぎかもしれないが、両側0サイズにするとヒット数が上がる感じがした。やはりこのコンディションでは、とにかく目立つことが肝心なのであろうか。

僚船はさっさと鉄板のゴールデンコースに入っていた。ただレッドコアにはぜんぜんヒットせず、25メートルから27メートルのダウンリガーのみヒットと の連絡あり。

しかし釣師朗は14色のドールシープで、竹生島から大崎遥かポイントまでで、54センチを頭に50から45くらいまでの良型を数本ゲット。魚探の反応は18メートルが強かった。逆にゴールデンコースの方の水深85メートルからら90メートルはスカに近かった。ただ僚船はこのコースでまっピンクのアメノウオ60センチを揚げる。

bw09ame.jpg

こうなっと迫力あってカッコいいのだが、正直美味しくないんだな。これもビワマス。いやアメノウオか。

昼上がりで7キロの水揚げでまずまずのところだった。

思うにちょっと工夫しないと、たとえばルアーサイズとか狙いタナとか曳く方向とかを考えないと、小物中心の結果になったと思う。ここが水揚げの差なんだろうと思った。釣師の手間としてはちょっとの差なんだけど、釣果の差はでかいんだなこれが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

choshiro

Author:choshiro
釣師朗 (ちょうしろう)
マス類の70オーバー(管釣は除く)はないけれど、60オーバーは数本揚げている程度の自称”大物レイトロ師” 写真の獲物は琵琶湖のビワマス。しかしその実態は小物得意のヒメトロ師だ。
家計の足しに東京湾にも出漁するが、アジ・サバ・キスと典型的な東京湾サンデー小物師。銀山・中禅寺は苦手。芦ノ湖、琵琶湖は好き。ルアーの宗派は天然貝教清貧派の模範的な信者。ビックミノーやバブリーな釣り道具は使わない、いや買えない。
千葉県にあっても”東京”ディズニーランドのある浦安市在住。年齢は平均寿命の半分をとっくに過ぎたねて感じ。大病もしたし後何回釣り出来るかなて思う今日この頃てか。

カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
7163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
846位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。