FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦は見た ヤマメ出生の秘密 

>>>元祖釣技旅団HPに書いた昔の駄文。
釣り番組見ていたらサクラマスの釣りやっていたんで思い出したんで、UPしてみました。<<<<


渓流魚でお馴染みのヤマメは、たぶん釣りをしない人でもその名前ぐらいは知っているだろう。 

北海道ではヤマベと言われているが、それはこっちだとオイカワのことだ。 でも北海道でもヤマメ釣りは最も人気のある釣りの一つには変わりない。

ヤマベがオイカワだと知らなかったころ、北海道の渓流釣師と釣りの話をすると、ホントに話しが噛み合わなかったことがある。 得々とヤマベ釣りの魅力を語ってくれたのだが、釣師郎はそこまで真剣になって、オイカワ釣って何が面白いのだろうと思っていた。

土地によって言い名が違うのは、それだけむかしから土地に根付いた釣りなのである。 でも、良く知られた魚の割には、ヤマメのことについてはあまり知られていない様だ。

毎度受け売りで恐縮だけど、たまには対象魚の座学も良いもんだろうと言う訳で、ちょっとこの大好きなヤマメのことを話してみようと思う。 多少間違いがあるかも知れないけれど、そこは愛敬てことで勘弁してね。

日本にはヤマメは大雑把に括ると3系統あるとされている。

サクラマスとサツキマスとビワマスの3系統である。

旅団が日々血道を上げているのが、その銀山湖サクラと芦ノ湖サツキマス(通称アマゴ)とビワマスの遠縁にあたる中禅寺湖ホンマスだ。

で、これは出世魚と言えるのかは判らないが、サクラマスのご幼少のころ、つまり幼魚時代をヤマメと言う。 同様にサツキマスのそれがアマゴだ。 ビワマスはよく知らない。

ご幼少のころお住みあそばれた場所は、ヤマメで東日本から北日本、アマゴで西日本以南、ビワマスで琵琶湖だ。 中禅寺湖のホンマスはビワマスの血を引いているそうだ。 

ちと余談だが、これらの魚は岩魚も含めて遠い昔氷河期時代に陸封された魚種があって、それぞれの河川で独特の個体差がある。 

北海道だとオショロコマは、河川毎に個体差が顕著である。 氷河期時代からその河川に閉じ込められ、ずっと長い間多種と交わらず純潔を保ってきた訳である。 しかもつい最近まで人が入って来なかった人跡未踏の場所なので、入植が進んだごく最近まで釣り鈎を見たことが無い。 したがってポイントによっては、面白い様に釣れるのだが、この貴重な種を根絶やしするほど釣ってはいけない。

ミミズ3匹持って行けばマスが3匹釣れる川で、乱獲してはならないのは当然でしょう。 でないと来年は魚のいないデス・リバーになってしまう。

最近の釣りブームで、河川は自然繁殖で釣り人の需要に応えることは不可能である。 つまり今の釣りは放流で成り立っている訳である。 そこでまったく同じ個体種を揃えることは、これまた不可能なのである。 全国の養殖場などからかき集めるので、毎回同じ個体種にはならないのである。

したがって大量放流している有名河川だと、そこはもうニューヨーク状態、人種のるつぼとなっているのである。

もちろん純潔をある程度保っているフィールドもある。 例えば支笏湖のヒメマスである。 ヒメマスの原産地は阿寒湖とたしか北海道だったか、北方領土のどこかの湖である。 ちなみにヒメマスは紅サケの陸封である。

支笏湖は他のヒメマスの釣れる湖とは異なり、残存する記録によるとこの原種の阿寒湖からの移入以外無いとされている。 つまり、全国から稚魚をかき集めている、あるいはかき集めていた湖とは異なり、支笏湖だけは純潔が保たれている訳である。 当然ここのヒメマスは次の世代に受けついて行くべき保護対象だと思う。

さてヤマメのことなんだけれど、成魚であるサクラマスは桜の咲くころに海から遡上することより桜鱒と呼ばれている。 そのサクラマスでお馴染みの魚は、銀毛した抜群の美しい魚であることは知られているし、だいたいサクラマスと言うと高級魚であり、商品としてしか一般の人は目にしないと思う。 つまり、その商品の時の容姿がそのまんまサクラマスだと思っている。

でも産卵のために源流にまで達し婚姻色が出たサクラマスは、まったく異なった美しいと言うよりは野生味ある恐い容姿に変わっている。 この婚姻色の出たサクラマスと、遡上してきたサクラマスが同一種とは、普通の人では絶対に信じられないと思う。

関東の某湖でも、何ぢゃぁ、こりゃぁ!!てくらいの婚姻色が出て鼻先が曲がった化け物級の大物が、刺し網なんかに掛る時が希にある。 とてもこんなのが湖にいるなんて信じられないてヤツだ。

婚姻色の出た魚はサクラマスに限らず、なんか毒々しく不気味な野生の感じがする。 むかし秋に網走の方を旅した時、ある小さな河川を見たら、たくさんのサケやマスが遡上していた。 浅くて小さな川であったが、そこに大量の魚が背ビレを水から出しひしめき合って遡上していた。 

その数の凄さは川を埋め尽くすぐらいあり、冗談抜きに稲葉の白兎じゃないけれど、魚を踏みながら対岸に渡れるぐらいの多さだった。 20世紀末でこんなんだから、太古の昔なんて一体どうなっていたのか、想像するだけでゾクゾクしてしまうよ。

岸辺には魚が何匹か打ち上げられていた。 良く見るとすべて腹が無くなっている。 土地の人に聞いたら、それはヒグマの仕業たそうだ。 遡上してくるサケたちをヒグマは川で待機しており、その鋭い爪で跳ね上げイクラだけを食べるのである。

身まで食べて喜んでいるのは人間くらいで、ヒグマはイクラしか食べない超グルメな動物なのである。 あっ、でも川に上がったサケはブナと呼ばれ、食用としては不味くて大した価値が無い。 大概が飼料や鮭茶漬けの原材料に加工されている。 釣師郎が北海道にいた時代は、たしか浜値で50円とか100円だったと思う。

ヤマメは産卵のため5月ころ遡上してくるが、もちろん土地によって時期は異なるけれど、ここから源流を目指して長い遡上の旅が始る。 つまり、河口を登って直ぐにぱっと産卵する訳ではないのである。

しかも不思議なのは、遡上して産卵する秋までの長い期間、サクラマスたちはエサを食べないのである!? まさに繁殖のためだけのラストスパートなのである。

ごく一部の先進的な釣師がエサ釣りでのチャレンジを試みているが、そう言った習性からは、確率は相当に低いと思われる。 もちろん遡上したばかりのサクラマスを、餌で釣った話は雑誌などで紹介はされているけれどね。

でも、完全に繁殖遡上モードに入ったサクラマスを餌で釣るのは多分無理であろう。 余計な話であるが、そのため禁漁の無い支笏湖の美笛川では、相変わらずバカ者が湖から遡上し来たマスを、餌で釣れないため引っかけ釣りでぶっこ抜く訳である。

ところで生物の定義とは何であるか?

学校で習った定義だと、単細胞を含めて細胞で体が構成されていること、それと繁殖することだそうだ。 この2点で生物は生物であらしめられているのである。

生物のさまざまな営みの最終目的は繁殖なのである。 したがって良くある本当の自分探しとか、自分は何のため生まれてきたのかを真剣に悩み、胡散臭い宗教に嵌まるくらいなら、生殖に徹することの方が本来生物的なのである。 つまりこれが正解なのだ。 なんちゃって。

でも生物界でもこの定義に反する種がいる。 それはヒトとハチだ。 アリもそうかもしれない。

高度成長期時代に家庭を省みず犠牲にし仕事一筋に邁進した世のお父さんを「働き蜂」と称したが、実はこれは生物学的に誤りである。 働き蜂はメスである。 それも子供を産まず死ぬまで働き続けるハチなのである。

したがってあるテレビドラマの台詞だと、今は会社と言う巣に定年まで働き続ける独身OLを働き蜂と言っていた。 凄い台詞だね。 釣師郎の若いころは、結婚しないかも症候群みたいなもんが大流行りで、仕事を持って独身を通す女性が女性雑誌を中心に持てはやされていた。

そして、わずか10年も経てば世は結婚ブーム、それも芸能界を見てのとおり早婚である。 マスコミてホントにいい加減だよね。

多くの働き蜂にかしずかれ卵を産むのが唯一のメス、つまり女王蜂である。 オス蜂は射精だけを目的に日ごろぶらぶら生きている。

ライオンのオスもそうである。 エサを獲る狩りはもっぱら雌ライオンの仕事。 オスは射精だけを目的に日ごろぶらぶら生きている。 そこが百獣の王と言われる所以か? 

で、オスとはもともと働かず生殖だけで、メスに食わせてもらう生き物であると主張しているのであるが、釣師郎家ではまったく受け入れてもらえないのは、自然の摂理に反しているのでは…と思っている。

でも、釣師郎の周りには週末に家事も子育ても手伝わず、もっぱら釣り三昧を謳歌している釣師も少なくないが、まさにオスであると羨ましい限りである。

源流で産卵された卵が孵化すると1年半くらいは川底あたりに外敵から隠れて成長する。 外敵は他の魚であったり鳥である。 もちろん小動物だって隙あらば捕食してくる。 まずはこの熾烈な戦いに生き残らなくてはならない。

なんとか生き延びると、次ぎは同種内でのサバイバルゲームが始る。 幼魚であるヤマメにも強い縄張りDNAがあるようで、体の大きい強い個体から、流れのベストポジションに定位し、流下する餌を捕食する。

チビや力の弱いメスはその後方へ、力の序列によって並ばされ定位する。 当然先頭が一番美味しい餌やたくさんの餌に有り付ける確率が高い。 こうして大はさらに大になり、小は小のままで成長が進む。 まるで人間世界の資本主義と同じだ。 金持ちはずっと金持ち、貧乏人はずっと貧乏人とたいして変わらないのである。

ここからちょっと説が違うのだが、北海道の場合だと、力の弱いオスと大概のメスはこのままだと飢え死にするので、一か八かで新天地を求めて旅立つと言われている。 どこへ? それは海だ。

別の説、特に西日本だと体力のある大きい個体が降海すると言われている。 こちらはオスが下る。 海の生活に耐えられない弱者が残る訳だ。 川の生活で体力を貯え準備できた者から海へ下る。

その際はどちらもヤマメ特有のパーマークが消えて銀毛する。 なんでそうなるかはよく判っていないが、要するに海水の浸透圧に耐えられる体質転換の結果と言われている。 でもそうだとすると、湖にいるサクラマスとかサツキマスは、何で淡水なのに銀毛するのか疑問が生じる。 ここが自然の不思議なところだね。

ヤマメが新天地を求めて海に下るてのも、日本の入植の歴史みたいだね。 さっき話したヒグマはイクラしか食べないと言ったけれど、アラスカのグリズリーは逆でイクラを捨てて身だけを食べるらしい。 これも日本人と白人の食習慣の違いと同じだ。
 
もともとアラスカではイクラを川に捨てていた。 これを見た日本の商社マンが、これは銭になるぅ!となって、筋子の輸入が始ったのだ。

ここでちょっと考えてもらいたいのだが、どちらにしても川に残るのは片方の性に偏っていることだ。 これは後でまた出て来るので覚えておいてね。

川の生活よりもはるかに危険盛りだくさんの海に下ると、1年後に生まれた川に戻って来るのは10パーセントにも満たないとされている。 他のでかい魚や、アザラシの猛攻を掻い潜っての長い旅である。 出兵時にはたくさんいた戦友も殆どが戦地の露として消えて行く。

戦死率90パーセント以上。 これは軍としては全滅と言っていいほどの損害率である。 一般には3割以上が戦死すると大損害となり、現場の長の判断で撤退が許されるそうだ。 因みに終戦時の予科練の戦死率は98パーセントだったそうである。 練度は世界一であったが、物資不足の中、防弾版も無い飛行機に、空母も撃沈されていれば、死にに行くようなものであっただろう。

しかし、このリスクを犯し得られるリターンはでかい。 体長3倍・体重10倍のメリットボーナスである。 丸々太ったヤマメは、いやサクラマスと襲名したヤマメは、生まれ故郷の河川の河口を目指す。

さらに、しかしだ。 このサバイバルゲームはまだ道半ばなのである。 熾烈な戦いはまだ続くのである。

河口沖周辺ではイージス艦の漁船・地雷原の定置網、河口周辺には釣り人狙撃兵、そしてその猛攻撃を掻い潜って河口上陸に成功してからは、次はヒグマ戦車師団やキタキツネ砲兵隊が待ち受けている。 中にはゲリラ密漁者もいる。 

しかもここから糧道の無い絶食行軍が続く。 何故ここまで命を懸けて進むのか? そう、それは繁殖のためなのである。 それぼど繁殖はすべてに優先する正義の戦いジハード、宗教的なミッションにも匹敵するのである。

やっとの思いで命辛々生まれ故郷の渓流に達したサクラマスは、人間であれば故郷に錦を飾る凱旋帰京なのであるが、現実はまだ甘くないのである。 貧村から東京に出て行って演歌歌手として大成して、故郷に帰るのとは訳が違うのである。

サクラマスは産卵のためにさらに源流を溯り、それこそ背ヒレが水面から出る浅瀬までも突き進む。 そこでペアリングをして産卵床を作る。 サクラマスのメスの相手は、当たり前の話、サクラマスのオスである、原則は…。

そこには海に下らなかったヤマメが生き残っている。 この場合では、もっと大きく強かったオスのヤマメたちである。 しかし、かつてのそれらオスのヤマメは、見事に成長して凱旋して帰って来たサクラマスのメスから見れば、もう既に取るに足らない田舎の男だ。 大女優として田舎に帰って来た彼女にとっては、遠くから見ていたむかしの男、触れられたくない過去の歴史なのだろう。 そんな田舎娘だった自分が懐かしい。

サクラマスの彼女は今の自分に相応しいサクラマスの立派な彼を見つけ、ペアリングに入る。 いよいよ長かったサバイバル・ジャーニーの終着駅である。

彼女は産卵床に卵を産み付ける。 そして彼氏が今までの汗と涙の感無量の大射精が為される。 射精の瞬間彼氏は曲がった鼻の口を裂けんばかりにカッと開き、体を細かく震わせ、まさに最後の一滴まで絞り出す気合の射精を行う。 

最終目標である生殖が終わったサクラマスのペアは、命の炎が燃え尽き土へと帰って行く。 サクラマスではないが、北海道の河川で生殖の終わった鮭が、川底にボロボロになっていくつも死に絶えている姿を見ると、なんかこう上手くは言えないが、生命の営みの凄さに感動してしまったことがある。

さてここで難行苦行を乗り越えての感動の瞬間(受精)を、ハイスピードカメラによるスローモーションで見てみよう。

痙攣しながら彼氏が大射精をする。 大量の白い精液がばぁぁと広がりながら、産み立ての卵に向かって降りて行く。 無事に受精が…。

あっ、あれは何だ!?

一発の弾丸が彼氏と卵の間を目掛けて貫いている。

その弾丸をスローモーションで拡大して見てみると、なんとパーマークの付いた弾丸だ。 そう、むかしの男だ。

しかも弾丸の下半身から白い液を撒き散らしながら飛行している。 弾丸からまき散らかされた白い液は、彼氏が放った精液のカーテンの下を掻い潜り、見事にターゲットである卵へ命中。 その直後に彼氏の精液が降り注いだ。 受精の相手は、彼氏ではなくむかしの男の精子だったっのだ。

パーマークの弾丸はペアの反対側に一瞬で通過。 痕跡すら残していない。

見事な狙撃・・・。 撃たれたことも気付かれずにターゲットを仕留める神業は、国際超A級スナイパー・ゴルゴ13並みの狙撃だ。

何も知らないペアは、十分な達成感と満足感を噛み締めながら、故郷の土へと変わっていく。

スナイパー・ヤマメは何食わぬ顔をして、冬を越してまた来年の産卵の時を、間男として待つのである。

幼魚ヤマメ…、侮れない存在である。

でも、ヤマメにだって言い分がある。 川に残ったヤマメはオスが殆どの男子校である。 だからどっかでメスを手に入れないと、生物としての究極の目的である繁殖ができないのだ。 もちろんヤマメ同士の産卵もあるけれどね。

自然の摂理て合理的だけれど残酷な部分もあるんだな。

子供サルと赤ちゃんサルを連れた母サルが、川を渡っている時に水に流されたとする。 溺れる母サルは命を捨ててでも、どっちを先に助けるだろうか?

人間だと答は簡単、先に赤ちゃんを助けようとする。 ところが自然界の大抵の場合は逆である。 赤ちゃんを溺死させても先きに子供を助ける。 そう言う風にDNAにプログラムされているのだ。

何で? 

子供を犠牲にして、母親が死んでまで赤ちゃんを助けても、その赤ちゃんは育てる者がいないのでどのみち死んでしまう。 つまり全滅する確率が高い。 ところが自分が死んでも子供を助ければ、子供はもしかしたら一人でも生きていけるかもしれないからである。 つまり、子孫が生き残る確率がこっちの方が高いからである。

サクラにしてもヤマメにしても、こんな大ドラマの末に生存しているんだから、釣師たる者敬意を持って釣らなければ天罰が当たるてもんだぜ。

人間の世界だったら、大変なことだね。 父親が実は違っていたなんて。 でも結構有りそうな話だね。 真実を知っているのはメスだけ。

げに恐ろしきは、ヤマメと女房てか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

choshiro

Author:choshiro
釣師朗 (ちょうしろう)
マス類の70オーバー(管釣は除く)はないけれど、60オーバーは数本揚げている程度の自称”大物レイトロ師” 写真の獲物は琵琶湖のビワマス。しかしその実態は小物得意のヒメトロ師だ。
家計の足しに東京湾にも出漁するが、アジ・サバ・キスと典型的な東京湾サンデー小物師。銀山・中禅寺は苦手。芦ノ湖、琵琶湖は好き。ルアーの宗派は天然貝教清貧派の模範的な信者。ビックミノーやバブリーな釣り道具は使わない、いや買えない。
千葉県にあっても”東京”ディズニーランドのある浦安市在住。年齢は平均寿命の半分をとっくに過ぎたねて感じ。大病もしたし後何回釣り出来るかなて思う今日この頃てか。

カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
682位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。