FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾ライトタチウオ 餌釣り 最新テクニック(?)

昔習ったときは、「途中ゴリゴリとアタリがきても誘いのパターン(竿でチョンチョンとかスゥースゥーとか)を決して変えずに、一定のスピードを維持したまま誘い上げていく。竿が重くなって誘えなくなったらアワセを入れる」だった。

で多いときでクーラー入らないの30本オーバーとかたまにあったのに、ここ最近ぜんぜんダメで10本やっとなんてことばっかりで、何がダメなんだろ? メソッド忠実にも守っているのになぁ・・・て悩んでいたら、今は違うんだってな!! それは20世紀の釣り方だそうだ。

21世紀はこうなったそうだ。 自分のために聞いたことの備忘録として書いておこう。

1) 竿先を下に仕向けてチョンチョンと2回から5回餌を震わす。

2) 1メートルくらい水平位置までスパッと竿を上げてちょっと待つ。

3) 電動で巻く。竿を下げるのではなくて巻き取りの反動で竿先が下がるイメージ。

4) この繰り返し。リズミカルに。多少のバリエーションは有り。

5) アタリは今はゴツゴツという明確なものより、ん?ていう「もたれ」が多い。これが取れるかが釣果の差。

6) もたれがあったら竿を固定する。竿先を上げたり下げたりしない。

7) 電動でも手巻きでもスローでタダ巻きす。小魚に見立てた餌が、ゆっくり上に逃げていくイメージ。

8) だんだん重くなってきたら、こっちもだんだん早く巻いていく。竿は固定のまま。

9) 竿の手前までしっかり竿が曲がったら、ここで初めてアワセをビシっと入れる。
   (しっかり餌を咥えたタチウオがバックして強い引き込みとなっているのだろう)

タチウオはさっさと揚げる。祭りしたら仕掛けよりも先にタチウオを取り込む。隣がファイト途中に自分は仕掛けを投下しない。

タチウオの歯は鋭いからPE4号でもスパッと切れるので、最近流行の2号以下の電動タックルの人はお互い十分注意しないと、すぐ高切れで本日終了となるよ。

タチウオは300メートルは欲しいね。1.5号300メートル巻いている人はそういう意味だと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

choshiro

Author:choshiro
釣師朗 (ちょうしろう)
マス類の70オーバー(管釣は除く)はないけれど、60オーバーは数本揚げている程度の自称”大物レイトロ師” 写真の獲物は琵琶湖のビワマス。しかしその実態は小物得意のヒメトロ師だ。
家計の足しに東京湾にも出漁するが、アジ・サバ・キスと典型的な東京湾サンデー小物師。銀山・中禅寺は苦手。芦ノ湖、琵琶湖は好き。ルアーの宗派は天然貝教清貧派の模範的な信者。ビックミノーやバブリーな釣り道具は使わない、いや買えない。
千葉県にあっても”東京”ディズニーランドのある浦安市在住。年齢は平均寿命の半分をとっくに過ぎたねて感じ。大病もしたし後何回釣り出来るかなて思う今日この頃てか。

カテゴリ
カウンター
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1120位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。